「左官アシスト工法」「リフトイン工法」のページを追加しました。

ホームページに「左官アシスト工法」「リフトイン工法」ページを追加しました。

 

左官アシスト工法(コンクリート構造物補修)

コンクリート構造物の補修工事において、作業を一部機械化し、
施工の少人数化と仕上り品質の平準化を通して、生産性向上、
施工費用低減と技能者不足対策に繋げる機械化工法です。


◆リフトイン工法(強プラ管鞘管工法)

既設管に強プラ管(エスロンRCP)を挿入する更生工法。軽量で高強度、
耐食性にも優れたエスロンRCPを更生管として用いることにより、
老朽管路を高強度、高機能で耐久性にも優れた管路として蘇らせる、
画期的な管更生工法です。
また、カゴ型運搬台車、低重心バッテリーカーによって、
軌条不要で長距離運搬・大口径に対応し、工期短縮、コスト削減にも貢献します。

前の記事

お盆休みのお知らせ